グァム旅行(2) タムニン観光 オンワードビーチリゾート/タモン湾


より大きな地図で 20050619 グァム を表示

二日目は海にプールに実弾射撃にディナーショーとリゾートを満喫しました。



DSC01228

9:54 「ダウンタウンの浜ちゃんも来たことがある」と張り紙がしてあった実弾射撃場「ウエスタン フロンティア ヴィレッジ」にやってきました。

西部劇風の店内です。こちとらサムライじゃい。



DSC01242

日本人経営のこの店はギャラリアの先、リーフホテルの隣に位置する老舗の人気店で、たくさんの観光客が訪れます。

拳銃からライフル、ショットガンといろんな銃をセット価格で撃てますが、当時まだゾンビ愛に目覚めてなかった不完全なわたしはそこまで感銘を受けてません。



DSC01239

二人で撃ちまくり、銀行強盗する自信がついて店を出ました。



DSC01254

11:30 再びホテルに戻ってきました。

これが昨日からのわたしのオアシス。青い空、オーシャンビューに波の音、トロピカルドリンクに無線LAN環境完備の過去最強のベランダです。



DSC01248

ベランダから見える写真のプールはあきる野市のサマーランドでは決してなく「オンワード・ビーチ・リゾート」に隣接するミクロネシア最大のウォーターパークで、オンワードの宿泊客は何度でも無料で利用できます。

全長360mの流れるプールをはじめ、最大1.2mの高波が押し寄せるウェーブプールと4本の長大なウォータースライダー、また写真では見えないですが「マンタ」という12mの高さから浮き輪で垂直落下する絶叫スライダーもあります。



DSC01259

13:58 ホテルのレストランでランチ後、まずはビーチに繰り出しました。

ビーチでイチャイチャしなかった後、見るに耐えなかったと思われる係員に、浅瀬を行けばアルバット島まで歩いてけるナリしっし、と言われたので無謀にも歩いて渡ろうとしてます。



DSC01261

日頃の不摂生がたたり、あっけなく力尽きてマジで溺れかけました。

海の所々に水草が固まった天然の足場があったので助かりました。



DSC01265

海のド真ん中に空母のような人工の浮き場もありました。ここをベースキャンプにしつつ、飛び込んだり潜ったりイチャイチャしたりしませんでした。



DSC01267

15:13 海で体力を使い果たしたため、今度は場を変えてオンワードのプールに来ました。ウォータースライダーです。メチャクチャ楽しいぞ。

ひたすらコンティニューし続け、滑ってっては2分後にまた階段を上がって登場する我々の姿に係員のお兄さんも笑ってました。



DSC01270

ウェーブプールです。ストイックなスライダーと比べ、こっちは親子連れで一杯です。ちなみに正面やや右、遠くに見える白い台形の傾斜が「マンタ」です。

この後、あらゆるプールを制覇しました。



DSC01272

遊び疲れてバスタオル被ったこの格好でゲートをくぐり部屋に戻ろうとしたら、係員の白人に「Are You アフガニスタン?」と真顔で言われ、今回の旅行で初めて怖いグァム人を見ました。



DSC01273

16:00 部屋の憩いのベランダに戻りました。水平線が美しく輝いてます。

この後はタモン湾沿いのヒルトンホテルにディナーショーを見に行きます。



DSC01274

17:04 ヒルトンホテルです。お腹が空いたんで早目に行ったらまだ準備中でした。スタッフに好きなところ見てていいナリしっし、と言われたんで付近を散策します。



DSC01276

ヒルトンホテルの中庭から夕暮れのタモン湾が一望できました。

タモン湾のビーチに沿って美しいリゾートホテルが乱立してます。



DSC01281

ヒルトンホテル敷地内にあった今は撤去されてしまったらしい旧日本軍の高射砲です。元々は重巡洋艦についてたそうです。

宇宙戦艦ヤマトなら真っ先にやられる武装です。



DSC01280

バイキング用の料理が運ばれてきました。ワサビの量が豪快すぎる。

アメリカ人には盛り付けの美学はないのか?



DSCF0758

ディナーショーは賑やかでとても楽しく、ショーの後はダンサーと「有料」でこんな写真を撮らせてくれます。

これ以外に、わたし達は控え室の前でお願いして自分達のデジカメで撮らせてもらいましたが、日本で見たらブレてるのか心霊写真なのか判別しにくい写真になってました。



DSC01295

23:54 今や学校の体育館裏よりもロマンチックなベランダに戻りました。



DSC01293

二日間、見慣れた光景を目に焼きつけ、いよいよ明日の昼便で帰国します。



DSC01301

10:44 朝になりました。オンワードのラストバイキングです。

相変わらず朝が弱すぎる。



DSC01298

最終日なので6速全開でマキを入れます。レストランの窓にへばりついて見たオンワードのホテルプールです。結局、こっちのプールでは泳ぎませんでした。



DSC01302

遅めのモーニングでレストラン内は閑散としてました。



DSC01313

12:39 チェックアウトすると最後にお土産タイムがあり、同じツアー便で帰る全員、バスでもう一度プレジャーアイランドに連れていかれました。

もう充分買ったっちゅうのに。



DSC01308

ラストギャラリアです。

他のホテルからも同じ便に乗る日本人客がたくさん集まって来ており、東急ハンズ並みに賑わってました。



DSC01321

15:43 グァム国際空港を飛び立つ瞬間です。

グァムの空はどこまでいっても青く優しく、日差しはキラキラと光輝いてました。坊主頭にした今なら湿気も関係無し、またいつか来たいです。



DSC01322

15:58 あっけなくグァム上空です。3時間半後、無事、帰国しました。

今回の総括としては「旅行で悪いことしたいなら男と来るべし」です。(完)

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

きらきらカウンター
最新記事
お勧めアイテム












最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
管理人プロフィール

akiraul

Author:akiraul
アナログ思考でデジタル嗜好で不思議志向な好青年です。

管理人へメール
お気軽にメッセください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お勧めアイテム