東京・奥多摩湖でパワースポット巡り 小河内神社/払沢滝/神戸岩


より大きな地図で 20120728 奥多摩湖 を表示

2012年7月、友達2人と東京の辺境、自然豊かな奥多摩湖へパワースポット巡りに行ってきました。



DSC02001

12:36 往きの中央自動車道の石川パーキングエリアです。雲一つ無い快晴で、台湾で失った晴れ男の自信を少し取り戻しました。

今回はガチのパワスポ巡りです。これまでは行った場所の話題のスポットをこじつけでパワスポ相当にしてたが、今回は車を買い代えた友達とドライブがてら最初から東京近郊のパワースポットに行くことにし、選考の結果、近すぎず遠すぎず程よい距離にある奥多摩湖がノミネートされました。



DSC02002

13:49 ズッコケネボスケ三人組なため合流が遅くすでにこんな時間に。まずは食事でパワーを摂取すべく遅めのランチを取ることにしました。

車なんでファミレスでも良かったが、せっかくなんで奥多摩の天然水で手打ちされた地元蕎麦を食おうと助手席で食べログ検索し、国道411号線沿いにある写真のレトロな「玉川屋」を見つけました。



DSC02008

茅葺屋根が素敵な玉川屋は大正4年に創業、太宰治も訪れたという老舗のお店です。登山者御用達っぽく、山ガールや山ジイさんで賑わってました。



DSC02005

まずはオードブルで「鮎の塩焼き」を頼み、三人でシェアしました。って、これはヤマメだったかしら?

鮎を骨にしながら、本日の計画を三人で相談した。今回は奥多摩湖周辺のパワスポ巡りということで「奥多摩湖」~「小河内神社」~「払沢の滝」~「神戸岩」とメジャー所を回る予定。時間的にはかなり厳しいぞ。



DSC02006

わたしのメインディッシュ「天ざる蕎麦」1400円が来ました。寛大なわたしでもこれはシェアできない。



DSC02007

天丼を口に頬張りつつ天井を見上げたら、恐ろしい達磨が睨んでて思わず鼻から海老天を噴出しそうになった。

この後、にわかスコールが降り、しばしお店に拘束されましたが今日のわたしは絶好調。晴れ男が気合を入れるとあっけなく雨が上がり出発しました。



DSC02009

15:19 腹ごなしに再び寄り道。JR青梅線の終点、趣のある奥多摩駅舎に寄ってみました。余裕がありすぎるぞ。

レトロな駅舎の看板が車田正美の漫画くらい男気に溢れてます。ちなみにこの駅の標高は343mで、なんと今、我々は東京タワー(海抜351m)とたった8mしか変わらない高さにいるらしい。



DSC02010

15:38 幾多の寄り道を乗り越え、ついに、ていうか、やっと目的地である奥多摩湖に着きました。フェルメール・ブルーの穏やかな湖面が美しすぎる。

奥多摩湖は正式名称を「小河内貯水池(おごうちちょすいち)」といい、かつての小河内村をダムでせき止めて造った人造湖です。湖畔には各種観光施設や風景スポットがあり、標高が高く穏やかな湖面は良質で清らかな水のエネルギーが豊富で、訪れた人の心を浄化し癒してくれます。



DSC02013

戦前に建設を開始し1957年に完成した小河内ダムです。ここで貯えられた水は、ダム直下の多摩川第1発電所でまずは発電に使用された後、多摩川に放流され、我々都民が利用する水道量の20%を支えてます。立ちションするのは止めておこう。



DSC02015

湖畔にはダム建設の歴史を円形に形作ったレリーフがありました。興味深く読むふける友達を見つつ、わたしはゲーム「ひぐらしのなく頃に」の雛見沢ダム反対運動を思い出した。



DSC02014

戦前、奥多摩湖周辺は小河内村と呼ばれる長閑な村でしたが、ダム建設で当時の600世帯、約3,000人の住人がふるさとを追われました。

写真の石碑には離散した彼らの悲哀を偲び、詩人「島田磐也」が詠んだ「湖底の故郷」の歌詞が刻まれてます。昭和12年に「東海林太郎」が歌い、当時の世相を反映してスマッシュヒットしました。



DSC02012

この静かな湖底には、かつてここで暮らした人々の幼き夢と儚い想い出が眠っています。



DSC02022

16:05 ダムのあった奥多摩湖東岸から移動し、ちょうど湖の中心付近にある浮き橋に来ました。通称「ドラム缶橋」と言うらしい。ここを渡るのは後で、次のスポットはこの近くにある「小河内神社(おごうちじんじゃ)」です。



DSC02023

トンネル抜けてすぐの脇道に車を路駐すると、写真の小路をテクテク歩いてこの先の小河内神社に向かいました。途中、導きの神として有名な「猿田彦大神」の碑石があったので、この先わたしだけ道に迷わないよう御参りしておいた。二人には内緒だ。



DSC02039

ちなみに今の場所はここ。四方を湖に取り囲まれた小河内神社は、水の浄化エネルギーを体のあらゆる部位から取り込める強力なパワースポットです。



DSC02025

16:14 静かな小路を10分ほど歩いてくと、趣のある鳥居が現れました。

小河内神社は小河内ダム建設時、水没した旧小河内村に祀られていた九社十一祭神を勧請して創建された小河内地区の総鎮守で、合祀後は首都用水の護り神として祀られてます。



DSC02027

友達のシリを追いかけ、コケで覆われた急な階段を登ってきます。



DSC02028

階段を登った先には境内がありました。人っ子一人いません。



DSC02034

拝殿です。その奥にホワイトベースみたく白い綺麗な本殿があります。

小河内神社の祭神は、天照皇大神・広國押武金日命・伊弉那美命・貴船大神・大山祇神火産霊神・速玉男命・事別之男命・高皇産霊神・熊野三神・加茂別霊神、とオールスターが勢揃いです。



DSC02035

御参り後、広場にある丘にハシゴで登って、しばし全身でパワーを吸収し元気玉をつくってみました。



DSC02037

湖に囲まれた小河内神社は、車の音も人の声も穏やかな湖面に吸収されて聞こえず、とても静謐な雰囲気。漫画喫茶以上にとても癒される空間でした。



DSC02040

16:37 車を止めた場所まで戻ると、狭い階段を降りて先ほどスルーした浮橋に向かいました。



DSC02042

ドラム缶橋は多少揺れますが安定しており、橋がバラバラになる不安はまったくない。但し、ガキンチョはメッチャ揺らしてくるので要注意。

見た目からムカデ人間橋と名付けました。ムカデ橋でいいか。



DSC02055

17:24 車で次のスポットに移動中、デカい駐車場付きの展望スポットがありました。展望台から湖の反対側の小河内神社付近を見ています。

この後、駐車場で巨大なクマンバチに襲われたが、蜂のように舞って軽く交わして再び出発。



DSC02058

18:21 「払沢の滝(ほっさわのたき)」に来ました。もうかなり暗くなってきている。渓流沿いの遊歩道をトイレが近い体で早歩きで滝に向かった。



DSC02060

滝が見えてきました。東京都製にしては予想以上に大きくビックリ。払沢の滝は4段からなる滝全段の高さを合わせると落差は60mにもなるそうで「日本の滝100選」にも選ばれてる檜原村最大の観光名所です。



DSC02062

この神秘的な滝壺には大蛇が棲むという言い伝えがあります。他に二組くらいの観光客と三脚をセッティングした写真家がいました。

8月中旬には滝祭りで滝が美しくライトアップしているらしい。よし、次は8月の夜に誰か素敵な人と来てみよう。



DSC02074

19:05 車を飛ばし、最後のスポット「神戸岩(かのといわ)」に着きました。東京都の天然記念物に指定された迫力のあるパワースポットです。デジイチの底力で何とか撮れてますが、周囲はもはや真っ暗闇に等しく、夜中にトイレで目が覚めたときと同じくらい暗い。

ちなみに写真のハシゴの上にいる白い人影は亡霊ではなく、恐れ知らずの友達だ。わたしがデジカメの設定をいじってる間に瞬間移動したかのごとくあの位置にいました。プロゴルファー猿並みの機動力にビックリ。



DSC02075

暗闇の中をビクビクしながらハシゴに近づきました。ハシゴを登った先には高さ100mの巨大な岩壁の割れ目があり、岩盤に打ち込まれた鎖に掴まってその割れ目の中を通り抜けることが出来ます。

足元を流れる写真の神戸川の清流と2億5千万年前の露出した地層が、荒々しい圧倒的な景観を醸し出してます。



DSC02076

ハシゴを登り巨岩の割れ目の中を覗いてみました。

暗闇を除いた瞬間、闇に充満した大地と水脈のエネルギーに圧倒されました。写真右の岩盤にかかった鎖を伝って中に進めるが、これはアカン!無理だ。



DSC02078

コンデジで撮った写真。実際の暗さはこっちが正しい。

神戸岩は完全に暗黒のエネルギーに支配され、これ以上、進むのは恐ろしすぎる。ここでゲームオーバー。



DSC02083

20:38 帰り道、ビックボーイで反省会です。

神戸岩は時間切れで深奥まで行けなかったが、さらば宇宙戦艦ヤマトの白色彗星の中から現れそうな写真の超巨大ステーキで、神戸岩で吸収予定だったパワー以上のカロリーをわずか15分で摂取できたので良しとしました。(完)

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

素晴らしいですね!
玉川屋最高です。
行ってみたくなりました♪
私は、明日雪の高尾山に行ってきます~

Re: 玉川屋

>ジェイムスン教授

高尾山、堪能しましたか?雪の高尾山は凄いですね!
夏、ロープウェーをフル活用した高尾山、ならわたしも
同行できるのですが・・・でもいつか行きたいです。

玉川屋の雰囲気は良かったですよ。ちょっと店員に
余裕が無かった感がありましたが。
御岳駅に来たときはぜひ訪問してください。

神戸岩は、あのハシゴの先の暗闇が本当に洒落にならず怖かったですね〜!
ていうか、出発遅くなるならもう少し近場に行くことにしましょう(笑)また一緒に是非!!

Re: タイトルなし

>良肉さん
あそこの怖さは近年では最強かも。ちなみに神戸岩の隣に真っ暗闇のトンネルがありましたが、神戸岩を通り抜けた後はあのトンネルを通って元の場所に戻ってこれるみたいですよ。トンネル内は昼間でも明かりが届かない場所があるらしく、あの時間に突入するとマジで遭難しそうですが。また行きましょう!

No title

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。

Re: No title

>初心者の株さん
akiraulです。初めまして~♪
コメントどうもありがとうございます。

奥多摩湖は人も少なく静かでとてもリラックスできました。
東京近郊に住まれていましたらぜひ(^^)
きらきらカウンター
最新記事
お勧めアイテム












最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
管理人プロフィール

akiraul

Author:akiraul
アナログ思考でデジタル嗜好で不思議志向な好青年です。

管理人へメール
お気軽にメッセください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お勧めアイテム