キックボードで皇居一周サイクリング


より大きな地図で 20130502 皇居 を表示

2013年のGW、花粉症への勝利宣言を兼ね、キックボードに乗ってノーマスク・ノーメイクで皇居を一周してきました。

実は公道の走行はいまいちグレーなキックボード。日本一警備が厳しいランドマークで公道走行の是非と道交法解釈の真価が問われます。



DSC036001

13:51 JRのホームの隅っこでキックボードを輪行して電車を待ってます。この疲れたら途中で電車で帰ることも可能な「挫折の容易さ」が自転車と比べ、キックボードの絶対的な利点。

輪行用のバッグは大島に行ったときはJDRazor用のバッグを使ったのですが素材がしっかりし過ぎて非常にかさばり重いので、無印良品で見つけた中学生が使ってそうな普通の布製のショルダー袋にしました。



DSC036002

輪行中はこんな感じ。タイヤがはみ出るため満員電車は厳しい。

マシンはしばらく乗ってなかった「Micro Scooter White」です。一時、最速のキックボードと名高い米国製の高性能キックスクーター「Xootr」に浮気しそうになりましたが、日本の正規代理店を経由するとMicroの二倍以上、47,500円というiPad並みのナメた価格なため諦めた。

でもXootrの最軽量「ROMA」の重量は4.3kgで、Microの5kgと比べ14%減と非常に魅力的。5kgのMicroのお姫様抱っこはつらく、気軽にコンビニに連れ込めない。



DSC036004

14:27 大手町駅のC13b出口で地上に出ました。スタート地点は内堀通り沿いの写真のパレスホテルです。早速、キックボードを組み立て出発した!



DSC036005

と、思ったら、いきなり赤信号で出鼻をくじかれました。

久々のキックボードはやはり恥ずかしく、常に誰かに笑われている妄想に陥り「大手門」を遠目に見ながら横断歩道の後ろでコソコソしてます。

皇居東御苑への出入口の一つである大手門は旧江戸城の正門で、1607年に藤堂高虎によって構築、1620年に伊達政宗によって現在の形に修復されたそうです。キャストが有名人過ぎてピンと来ない。



DSC036007

大手門の正面に来て開き直りました。ここから反時計回りで一周します。

皇居一周はおよそ5km、高低差26mで、今日もランニングしてる人がたくさんいました。千代田区の調査だと平日18時~21時でおよそ4000人のランナーが皇居周回コースを走っているそうです。増殖するランナーと歩行者の間でトラブルも多発しているとか。タラタラ走るわたしは歩行者よりです。



DSC036017

14:34 内堀通りの歩道を皇居の東側「大手濠」に沿って北上中。歩行者の干渉を受けないよう車道及び歩道の車道よりを一人ノンビリと走ってます。竹橋駅までは道は広くフラットで、路面状態も良いため問題なく走れます。

皇居は大まかに言うと、東の「皇居東御苑」、西の「吹上御苑」、南東の「皇居外苑」、北の「北の丸公園」で構成されており、写真のお堀の向こうは皇居東御苑です。



DSC036023

14:39 気象庁前を過ぎ、地下鉄「竹橋駅」の地上出口に来ました。

「皇居東御苑」は天守閣跡などの史跡が残る旧江戸城の本丸があった場所で、1968年から一般に無料公開されてます。入園時間は決まっており観光客は「大手門」「平川門」「北桔橋門」から出入りしますが、自転車と変質者は進入禁止なので今回はパス。



DSC036022

竹橋駅の隣の大手濠緑地に「和気清麻呂像広場」という公園がありました。皇居を走るランナーの休息地らしいです。「和気清麻呂(わきのきよまろ)」は奈良時代末期に朝廷に仕え、称徳天皇の寵愛を受けた「道鏡」の皇位簒奪を防いだ忠臣として評価されてます。



DSC036025

14:43 旧江戸城の大奥への通用門だった「平川門」に来ました。

門の一部は旧江戸城内の罪人死人を城外に出すために使われたため「不浄門」と呼ばれたそうです。忠臣蔵で「吉良上野介(きらこうずけのすけ)」に切り付けた「浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)」もここから出されたと言われてます。



DSC036033

14:48 竹橋に来ました。右手に見える建物は「北の丸公園」の南端に位置する「東京国立近代美術館」です。北の丸公園は旧江戸城の北の丸であった場所で、東京国立近代美術館をはじめ、日本武道館など多くの文化施設が立地する国民公園です。

このまま竹橋を渡らずに内堀通りをさらに北に進んで靖国通りに合流すると北の丸公園全体を周れますが、皇居周回コースは竹橋を渡って内堀通りをショートカットし「代官町通り」に入っていきます。

ちなみに竹橋の写真の緑の欄干はよく見ると竹の形になってて、なかなか凝ったつくりになってました。



DSC036036

14:51 東御苑への出入口の一つ「北桔橋門(きたはねばしもん)」が見えました。旧江戸城の本丸・大奥に直接、繋がった門なため堀が平井堅より深く石垣も非常に堅固。素人目でも防衛力がハンパない。



DSC036039

14:55 現宮内庁への通用門として使用されてる「乾門(いぬいもん)」です。観光客用ではないため、ここの警備はかなりガチっぽい。

下手に見慣れぬキックボードが視界に入ると、過激派の新兵器かと即効マークされそうで、ビビって写真に入れるのを躊躇してしまいました。



DSC036042

代官町通りの歩道です。とても細い歩道は緩い登り坂となっており、ランナーが後ろからガンガン走ってきます。またザラザラした歩道の路面はMicroの大口径ソフトウィールでも振動が耐えづらく、車道も狭くて交通量が多いためマジで後ろから跳ね飛ばされそうで恐ろしい。間違いなく皇居一周で一番の難関だ。



DSC036043

15:01 乾門を過ぎた辺りで皇居東御苑は終わり、西に位置する「吹上御苑」に沿って走ることになります。途中で「半蔵濠」が見えました。吹上御苑は旧江戸城の西の丸であった場所で、昭和天皇が住まわれた「吹上大宮御所」や現天皇陛下のお住まいの「御所」があるまさに皇居の中心です。



DSC036049

15:04 やっと代官町通りを通り抜け、反対側の内堀通りに出ました。
桜の名所で有名な「千鳥ヶ淵公園」の入口です。



DSC036057

公園内からの「半蔵濠」と吹上御苑です。
このまま半蔵濠に沿って公園内を南下します。



DSC036054

内堀通りの向こうには豪奢な英国大使館がありました。



DSC036064

木漏れ日の差す公園内は、散歩してる人、ベンチで読書してる人、キックボードで走る変な人などノンビリした雰囲気でした。



DSC036072

15:41 公園を通り抜け「半蔵門」を過ぎました。遠くの警視庁と総務省の建物が魔王城に見える。

ちなみにさっき公園内で休憩してたら、東京FMの人に街角インタビューを受けました。思わずキックボードのことかと思ったら、スマートフォンでアナタのお薦めアプリを話してほしい、だって。何の脈略もない。



DSC036076

インタビューはその日の夕方に東京FMで放送される、とのことでしたが、わたしは普段ラジオは聴かないためそのまま忘れてしまった。

後日談で、GW後に会社行ったら職場の先輩にGW中に車でラジオ聞いてたらオマエの声がスピーカから聞こえてきて危うく事故りそうになったぞ、と文句を言われやっと思い出しました。



DSC036082

15:49 三宅坂交差点を過ぎ順調に南下中。

「桜田濠」を挟んでのどかな吹上御苑の森を見てます。半蔵門から桜田門までは緩い下り坂になっており路面も綺麗で最高に走りやすい。



DSC036084

15:52 恐怖の警視庁が目の前に迫ってきました。

キックボードの公道走行の是非ですが、現行法にはキックボードやキックスケーターという記述は一切無いため解釈次第となります。ポイントは公道走行に加えて、歩道走行の是非でしょうか。

キックボードは国土交通省の定める道路運送車両法では「軽車両」相当で、警察庁の定める道路交通法では「遊具」に相当します。「軽車両」扱いの場合、自転車・リアカーなどと同様、車道左端と路側帯、許可された歩道は走行可とされてます。



DSC036085

「遊具」の場合は、道交法第76条4項3号で「交通の頻繁な道路において球戯をしローラースケートをし又はこれらに類する行為をすること」は禁止行為として記載されてます。つまり、遊具の場合は交通の頻繁な道路でなく交通の妨げとならなければ車道も歩道も走行可と解釈できそうです。

交通の頻繁な道路の定義は、昭和34年、名古屋高等裁判所で「1時間あたり、原付30台、自転車30台、歩行者20名程度の場合は,交通の頻繁な場所とはいえない」という判例があり、半世紀前の判例を基準にすれば、わたしがかつて走った伊豆大島は恐らく交通の頻繁な道路では無さそうです。



DSC036090

結論としては・・・キックボードを軽車両とした場合は車道や路側帯の走行で普通に公道走行可、遊具の場合は交通が頻繁でない道路なら歩道走行も可、どっちにしろ「交通の頻繁でない車道」を走る分には問題無さそうです。

交通が頻繁と思われる道路の走行や歩道走行については解釈次第なので、歩行者優先を念頭に誰かの主観で注意されたら素直に従い、マナー良く乗ることを心がけることとしましょう。

尚、道交法違反となった場合は5万以下の罰金でXootrが買えちゃいます。



DSC036093

16:01 などと考えているうちに、気づいたら工事中の「桜田門」を通り抜け、広大な「皇居外苑」に出ました。皇居南東に位置する皇居外苑は皇居前広場を中心とした地区の総称で、1949年から国民公園として一般開放されてます。



DSC036096

皇居外苑はベンチで休憩している人、体操してる人、謎の踊りを踊ってる人、キックボードで走る変な人、など、広過ぎるスペースで皆、思い思いのことをしており、気兼ねなくわたしもいろんなセクシーポーズで写真を撮りました。



DSC036097

二重橋方向の皇居前広場をバックにパチリ。
ゴールとなる白亜のパレスホテルが右手に見えてます。



DSC036100

16:09 喉が渇きタバコも吸いたくなったため、内堀通りを渡った先にある休憩所に向かいました。この公園の中心区画は自転車進入禁止の看板があったんでキックボードを降り、歩いてきました。



DSC036102

広場中央の「楠木正成(くすのきまさしげ)」像です。メチャクチャカッコいい。この像は上野公園の西郷隆盛像、靖国神社の大村益次郎像と並び「東京の三大銅像」と呼ばれてるそうだ。

楠木正成は鎌倉時代末期の武将で南朝の初代・後醍醐天皇に最後まで忠義を尽くしたことから幕末では勤皇の象徴とされました。「太平記」では正成について「智・仁・勇の三徳を備え、命をかけて善道を守るは古より今に至るまで正成ほどの者は未だいない」と刻んでます。ローエングラム王朝のキルヒアイス提督のような有能な忠臣だ。



DSC036104

楠木像の写真を撮ってたら人の良さそうな警備員が近づいてきて

「すみません、ここは自転車進入禁止なんですよ~。
えーと、その自転・・・???・・・それもダメなんです」

と申し訳なさそうに言われた。トンチ勝負を挑む気はなく素直に脱出しました。



DSC036106

いよいよ皇居観光のメインどころである「二重橋」に向かいました。二重橋前の広場は再び自転車侵入禁止だったので、広大な広場を汗をかきながらキックボードを背負って運びました。我ながら民度が高すぎる。

しかし、ここまでで50人くらいの警官の目の前をキックボードで通り過ぎましたが、楠木像で自転車と間違えられただけで、通常走行では目も合わされませんでした。完全に一般自転車と同化している。



DSC036112

16:23 二重橋です。

いえ嘘です。写真は二重橋の手前、皇居正門にかかる「皇居正門石橋」です。皇居でもっともメジャーな景観の一つで、中国人団体客を中心に観光客がワンサカいた。

この石橋が二重橋だと勘違いする輩が多いようですが、わたしはもちろん勘違いしてたクチです。



DSC036118

これが真の二重橋「皇居正門鉄橋」です。

手前の石橋とセットで二重橋なのではなく、昔の木造時代の鉄橋は今のレインボーブリッジのように上下2層構造になっていたことから二重橋と言われてたらしい。



DSC036125

16:35 黒松の点在する大芝生広場を北上中。黒松がヤシの木ならハワイと言っても通じる。二重橋の後は消化試合のようなものです。



DSC036128

今いる皇居東側の内堀通りの車道は、休日は「パレスサイクリングコース」として自転車に開放されます。当初その日に合わせて行こうと思ったのですが、キックボードの参加可否が分からず躊躇してしまった。



DSC036134

16:42 皇居外苑と皇居東御苑とを結ぶ「桔梗門(ききょうもん)」に来ました。江戸時代は内桜田門とも呼ばれ、今は宮内省や皇宮警察の入口となってます。ここの門には笑顔の綺麗な女性警官が立ってたので是非とも職務質問されたく、目の前をキックボードでウロウロしてましたが、いないも同然にシカトされました。こりゃ心配ないか。



DSC036145

16:49 桔梗門の東にある「巽櫓(たつみやぐら)」に来ました。櫓とは防衛用・物見用の拠点のことで、巽櫓は本丸から見て東南(辰巳)の方角にあるためそう呼ばれたそうです。将棋の「矢倉囲い」の語源らしい。羽生さんじゃなくてWIKIさんに聞いた。



DSC036149

16:51 2時間半ぶりにパレスホテルに戻ってきました。

タラタラ写真撮って休憩してこのタイムなので、ガチでオリンピックを目指せば30分くらいで一周できる。



DSC036151

16:53 大手門です。

チェッカーフラッグが振られ、脳内で「IN THIS COUNTRY」が流れました。



DSC036154

17:20 大手町駅地下構内のタリーズで冷たいアイスコーシーを飲みました。

今回の総括としては「都会の人は無関心2」でした。(完)

ブログランキング・にほんブログ村へ

オクセロはこちら↓


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人目さえ気にしなければ、皇居を散策するには最高の足かも!
ちなみに、アプリは何系をオススメしたんですか〜?

Re: タイトルなし

>良肉さん
皇居だけでなく、旅行先の街中散策にはいいと思いますよ~
ただ、もう少し軽ければ持ち運びが楽だといいんですけどネ(汗)

アプリは普段の破天荒なキャラは隠して、無難に「ジョルテ」という
Androidでは誰もが知ってるメジャーなスケジュール管理のソフトに
しておきました☆
http://andronavi.com/2010/05/20631

No title

はじめまして!私もakiraulさんと同じくmicro社のホワイトを持っています!
今のところ家から駅までの移動とか買い物に行く時にしか使ってませんが、移動を目的とした旅路も楽しそうですね~!

Re: No title

>もこさん
akiraulです。初めまして~♪
コメントどうもありがとうございます。

microホワイト、エレガントな外色でカッコいいですよね~普段は内面重視のわたしも、乗ってるだけで気持ち良くお気に入りです(´∀`)ノあとは重量がもう少し軽くなってくれれば買い物とか普段使いも容易になるのですが頑張って使ってます~(^^)

移動を目的とした旅、としてちょうど一昨日、三宅島を一周してきました。誰もいない広大な海岸線や海の見える山道を走るのはとても気持ちよかったです。近々、ブログに載せようと思いますので良かったらまた見にきてください。いつかmicro愛好家でツーリングとかしたいですね~(^^)

micro乗りツーリング!いいですね〜( ´ ▽ ` )
一人だと心細いキックボードだけれど、二人以上なら怖くない!笑

新しい旅の記事も楽しみに待っています〜!

Re: タイトルなし

>もこさん
akiraulです。こんにちは( ´ ▽ ` )ノ
そうですね、たくさん誘って暴走族でもつくりますか!(笑)
夏が終わったら今度はまた趣のある都内を散歩してみようと思います。
こっちは東京なので浅草とか神楽坂とか、あとは少し離れて鎌倉とか行きたいですね。
電車で気軽に持ってけるのがキックボードの利点ですし。
とりあえず、もう離島はコリゴリ(笑)
きらきらカウンター
最新記事
お勧めアイテム












最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
管理人プロフィール

akiraul

Author:akiraul
アナログ思考でデジタル嗜好で不思議志向な好青年です。

管理人へメール
お気軽にメッセください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お勧めアイテム