昆虫3億年戦記(2)

入居二日目。

ヤツラには地獄すら生ぬるい、とばかりにアースレッドで無差別毒ガス攻撃をしかけました。



結局、入居初日は兄貴を送りがてら実家に帰宅した。

元々、入居日は迎えても実際の生活はまだ数週間先を見ていた。何しろベッドがまだ来ていないのだ。ベッドは新たに購入する予定だった。ていうか、いまや事態はベッドどころではなかった。

ゴキブリ(以下G)と同居するなどありえない話だ。

とりあえず敵を知るにはまず敵から・・・実家に帰ってネットでG情報を調べまくった。そんでもってわかったこと。

・徹底して隙間を埋めよ!
・コンバットは効く!
・ホウ酸系ではGキャップがよい!
・ゴキンジャム等、ゼリー系は少年Gに効く!
・近接戦闘にはGジェットプロがよい!
・排水溝が臭いとGを呼び込む!

明日は日曜であり、まだ時間は充分にある。一気にケリをつけてやる!!

人生でかつて感じたことのない闘志に気を高ぶらせながらその日は寝た。


----------

翌日。まずは基本としてバルサンをかますことにした。

バルサンは初体験なため、バルサン経験のある友達を呼んで一緒にやることにした。ちなみにバルサンはGの卵にはきかない。Gの卵は約2週間で孵るのでバルサンは2週間を間に挟んで2回セットでやると理論上、確実な殲滅が可能らしい。ここは試験に出るよ。


日曜昼過ぎ、早めに電車で新宿に着くとアパートに行く途中にある小滝橋通り沿いのドラッグストアに立ち寄った。当時、季節はまだ5月だったがすでにGコーナーは充実した品数をそろえていた。

「やはりこの地域は需要があるのか・・・」

少しブルーになりつつも緑色のアースレッドを購入した。

d0036558_0393423[1]

バルサンでもよかったが、アースレッドにはいくつかの種類の中に「G専用」というのがあったのでこちらの方が専門性が高い、と判断したのだ。バルサンでも似たようなのはあるかもしれないが。

アパートに着くと自分ちなのになぜかおそるおそる鍵を回しドアを開け昨日、遭遇戦を行った問題の台所に立った。

DSC02144.jpg


あらためて台所に立つと、あきらかに前日と雰囲気が違った。

もはや入居初日のトキメキや御伽噺のような妄想はかけらもない。例えれば、遊園地のチャチいお化け屋敷に入ったときような肌触りだ。何かが俺を見ている!??

とりあえず特に確信があるわけでもなくシンクの下の収納の扉を開けてみた。

・・・普通にいやがった・・・_| ̄|○

シンクの下の収納内の半分腐りかけた木の壁に1cm級のヤツらが2匹張り付いている。

普段なら相応の悲鳴を上げるか、敏速に扉を閉めて男の人を呼ぶ判断力に優れた私だが今日のわたしの闘争本能はサイヤ人級だ。

さっそく、なめ切ってるのか単に人間を見慣れてないだけなのか、わたしを見てもまったく動じないヤツらに誰がこの部屋の真の支配者なのか教えてやるべく新兵器のGジェットプロで先制攻撃をかけた。

「くらえ~こんちきしょう!!」

d0036558_1184458[1]

あっけなくボトリボトリ落っこちた。

ひっくり返って嫌らしいくらいに長い足をバタバタさせている姿は吐き気を催したが2射目を浴びせトドメをさす。

二番目の新アイテムは100円ショップで買った「スーパーコストダウンホウキ&チリトリ」だ。

ドラえもんが秘密道具を出すときの口調を真似ながら取り出すと、ささっとすくってトイレに流して終了。

しばらくして友達が来て、さっそくアースレッドをしかける。扉という扉を開け、説明書通りに水を入れてしばらくすると勢いよく煙が噴出したので、ドアに「バルサン使用中」の張り紙をして早稲田通り沿いのロイヤルホストに飯食いに行った。

部屋には液晶テレビやパソコンがあったが特に覆いはかけなかった。結果的にはなんの問題もなかったが、さすがに食器などがある場合はきちんと覆いをかけた方がいいと思った。


4時間後、食後のコーヒーを飲み干してアパートに戻った。

DSC02170.jpg



ドアからドス黒いオーラが出ているような気がするが気のせいだろうか??

中は一体・・・うーん、開けるのがマジで怖い。誰か代わってくれ(続く)

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

きらきらカウンター
最新記事
お勧めアイテム












最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
管理人プロフィール

akiraul

Author:akiraul
アナログ思考でデジタル嗜好で不思議志向な好青年です。

管理人へメール
お気軽にメッセください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お勧めアイテム